院長ブログ

2014年6月17日 火曜日

倦怠感

倦怠感
こんにちは、中目黒 ゆう鍼灸院 菅勇太(かんゆうた)です。
誰にでも、原因がハッキリわからない身体のだるさ、疲れやすさを感じるときがあるでしょう?
ですが、あまりにも頻繁だったり、長く続くようだったら、ちょっと心配です。
漢方、東洋医学では、こうした腎気(精力)が欠乏した状態を腎虚と呼んでいます。
腎とは、両親より受け継いだ体力を維持する臓器を意味し、この働きを活性化させるツボの
代表的なものが、腰の第2腰椎棘突起下から左右外側へ指2本分のところに位置する
「腎兪」です。また、腰の第1腰椎棘突起下から左右外側へ指2本分に位置する
「三焦兪」もエネルギーを取り入れるツボとして、腎虚の解消に効果があります。
疲れすぎて、身体全体が重だるい時、寝付かれない時には、足の裏で足指を曲げると
最もくぼむところに位置する「湧泉」をよくもむといいでしょう。
湧泉は、生命の泉が湧くところとされ、昔から披露回復によく用いられます。
そのほかにも、披露回復には、「中脘」「気海」「陽池」などのツボが有効です。


投稿者 ゆう鍼灸院

カレンダー

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
ゆう鍼灸院 〒153-0051 東京都目黒区上目黒3-1-14 メイツ中目黒403 電話:03-6452-2916 診療時間:平日11:00-20:00/土日祝11:00-19:00