院長ブログ

2015年2月27日 金曜日

保湿ケア3

中目黒ゆう鍼灸院です。

皆さん、お顔のケアちゃんとしてますか?

意外と間違った保湿ケアしてませんか?

今回は、保湿剤の選択&使用量の目安です。

 季節と好みに合わせましょう。
 保湿剤には、さまざまな種類があります。
できれば季節ごとに変えるといいですよ。
また、お子様が嫌がらないものを選ぶのも重要です。

保湿剤によるケアは、季節に関係なく、年間を通じて続けることが大切です。
正しいスキンケアで皮膚を守りましょう。

 保湿剤の季節別選択
夏はさっぱりとした使用感の良いもの。
冬は皮膚を覆う効果に優れたものが良いでしょう。


例)
春  →クリームタイプ(クリームタイプは全季節OK)
梅雨→ローション・乳液タイプ
夏  →化粧水タイプ
秋冬→油脂性軟膏

オーソドックスですが、こんなタイプに分けることが出来ます。



 使用量の目安
軟膏やクリームは、人差し指の先から第1関節まで伸ばした量。
ローションタイプの場合は、1円玉大の量が約0.5gです。
この量で、およそ手の面積2枚分に塗れます。

 ティッシュが付く・テカる程度も目安です。
ティッシュが皮膚につく、又は皮膚がテカる程度も使用量の目安になります。
*但し、保湿剤の種類によって異なる場合があります。


  まとめ
手を良く洗って、清潔にしてから保湿剤によるスキンケアを始めましょう。

成人
入浴後5分以内に塗るのが効果的です。
手のひらを使って優しく丁寧に塗りましょう。
水や化粧水で湿らせておくと効果的です。
季節に関係なく続けることが大切です。
保湿軟膏は寒い時期は硬くなるので温めましょう。

小児
保湿剤はムラなく塗りましょう。
マッサージするようにやさしく塗りましょう。
くびれなども塗り残しのないようにしましょう。

保湿剤について
保湿剤の選択
夏)さっぱりとした使用感の良いもの。
冬)皮膚を覆う効果に優れたもの。

使用量の目安
約0.5gでおよそ手の面積2枚分に塗れます。
ティッシュが付く、テカる程度も目安です。








投稿者 ゆう鍼灸院

カレンダー

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ゆう鍼灸院 〒153-0051 東京都目黒区上目黒3-1-14 メイツ中目黒403 電話:03-6452-2916 診療時間:平日11:00-20:00/土日祝11:00-19:00