腰痛

2014年6月19日 木曜日

腰痛5

腰痛(腰部狭窄症)
中目黒 ゆう鍼灸院 菅勇太です。
 
坐骨神経痛・・・これって、俗称なので、腰が痛くなり整形外科や整骨院・接骨院などで、
「あ~坐骨神経痛だね。」って、言われることが多いと思いますが、これはいわゆる「風邪だね」
と同じ(風邪も俗称です)ですので、
腰が痛い=坐骨神経痛 だと思わないでください。

今回は、腰部脊柱管狭窄症についてのお話しをほんの少し・・・
これは、症状が悪化すると様々な障害を招きます。
例えば、立位制限・歩行制限・排尿排便障害など・・・
これも、はじめは腰痛がスタートだったりしますので、
腰が痛い=坐骨神経痛      

と簡単に考えないでくださいね。(逆に、軽い症状を重く受け止めて1人ネガティブキャンペーンもダメですよ。)
狭窄症・・・簡単にいうと腰の背骨(腰椎)にあるトンネル(脊柱管)が変性して狭くなり、
その中を通る神経(神経組織)が機械的に圧迫されて歩行時などに障害を出す疾患です。

症状・・・としては、間欠性跛行(しびれや、疼痛・脱力感などで歩く時間が短く、しゃがんだり、前屈姿勢をすると軽減する)が有名。

つえや、手押し車、自転車などで、前屈姿勢をしながらだと歩く距離が長くなるのはこのため。

ひどくなると、安静時にも神経症状が残存し、下肢の筋力低下や排尿障害が生じる。

この場合はオペ適応が妥当ですね。

検査・・・まあ色々ありますが、鍼灸院や接骨院などのレントゲン撮影ができない施設では

話しを聞いて、動きを見て、簡単な筋力テスト(徒手検査)、神経テストをして・・・ってところですね。

病院では、これに+レントゲンやら、MRIもおこないます。

治療・・・先程のオペ適でないと判断した場合 保存療法をするのですが・・・

ゆう鍼灸院では、患者さん1人1人の状態に併せた治療をおこないますので

問診→検査→症状の説明をしっかりおこないその後その患者さんにとっての

ベストな治療をおこないます。

基本的には、痛みを少しでも軽減する為に鍼治療をおこないますが、
場合によっては、しないときもあります。

それは、急性期で、患部に熱を持っている場合。

金属アレルギーの方。

妊婦さん。  など、症状によっては鍼でなく違う治療の方が

良いと判断したした場合は、お話をしたうえで

その状態が1番改善出来る方法を一緒に考えて提案をし、

治療にあたらせていただきます。

投稿者 ゆう鍼灸院 | 記事URL

2014年6月17日 火曜日

腰痛4

腰痛には
腰の痛みというと、昔はご年配の方の症状と思われていましたが、
最近では、若い人にも多く見受けられるようになりました。
特にぎっくり腰・椎間板ヘルニア・変形性腰椎症などを患った場合は、
その痛みに音を上げてしまうこともあると思います。
そんな時に、痛みを少しでも緩和することが出来るツボとして
「腎兪」 第2腰椎棘突起下、左右外側へ指2本分に位置。
「大腸兪」第4腰椎棘突起下、左右外側へ指2本分に位置。
「関元兪」第5腰椎棘突起下、左右外側へ指2本分に位置。


「天枢」おへその左右外側へ指2本分に位置。

「承山」ふくらはぎの中央筋肉がアキレス腱に変わる位置
「解谿」足首正面中央のくぼみ

    
腎兪→大腸兪→関元兪→天枢→承山→解谿
の順番で指圧してみてください。
指圧は優しく押してください。


投稿者 ゆう鍼灸院 | 記事URL

2014年6月16日 月曜日

腰痛3

女性での腰痛

生理との関係

ヒールの高い靴を履き、

腰に負担のかかる姿勢で歩くので、

腰痛にはなりやすいと思いますが、

女性の腰痛は靴だけではありません。

月経前緊張症
生理の前になると体調が悪くなる。
いわゆる、月経前緊張症と呼ばれる
ものですが、生理が始まる数日前から、
頭痛・吐き気・めまい・倦怠感・
情緒不安定・腹部膨満感・腰痛など
人によって、程度の差はありますが、
このような症状がでます。
生理が始まると症状が軽くなったり、
治まったりします。

これは、ホルモン分泌・メンタル・

自律神経・子宮や卵巣などに原因があると考えられます。



月経困難症
生理時に、強い腰痛や下腹部の痛み、不快感
などがあり、治療が必要なほど症状が悪い場合に、
月経困難症と呼ばれます。
生理が数日経過したり、生理が終わるとこれらの症状
がなくなります。

思春期・器質性・ホルモン分泌などが関係しています。





悪化させないために、
生理時の腰痛には色々な要因があります。
中には、治療が必要なものもありますので、
生理期間だけだから。と放置して置くと
どんどん悪化してしてしまうものもありますので、
腰痛だけではなく、年々痛みがひどくなったり、
不正出血などがある場合は、早急に婦人科を
受信したほうがいいでしょう。

投稿者 ゆう鍼灸院 | 記事URL

2014年6月16日 月曜日

腰痛2

腰痛になりやすい人
腰痛を慢性化させやすい人

前傾姿勢でいることが多い

きつい下着をつけている

柔らかい布団で寝ている

いつも同じ肩で荷物を担ぐ

肥満体型・お腹が出ている人

足を組んでイスに座る癖がある

長時間同じ姿勢でいることが多い仕事

歩くのが苦手・嫌い

重い荷物を持つことが多い


これらの、項目に当てはまるものが多い人は

要注意です。

投稿者 ゆう鍼灸院 | 記事URL

2014年6月16日 月曜日

腰痛1

例えば、ぎっくり腰は癖になるって聞いたことはありませんか?

どうしてなんでしょうか?

それは、癖になるのではなく、ぎっくり腰になりやすい生活習慣や、姿勢をしているからなんです。

ぎっくり腰に限らず、腰痛には年齢と共に現れるものもありますが、姿勢や生活習慣が関係しているもの

も事実です。

すでに腰が痛い人も・痛くない人も、これから先痛い思いをしないように腰痛になりにくい生活習慣を

送りましょう。

投稿者 ゆう鍼灸院 | 記事URL

ゆう鍼灸院 〒153-0051 東京都目黒区上目黒3-1-14 メイツ中目黒403 電話:03-6452-2916 診療時間:平日11:00-20:00/土日祝11:00-19:00